借りやすいカードローン

審査に通りやすい金融会社とは

いくら低金利で魅力的な金融商品を提供しているといっても、それは審査に通ったらの話です。
審査に通らなければ、いくら魅力的な 金融商品があってもそれはただの絵に描いた餅です。
そういった幻想は捨てるべきで、まずは現実を確認して、確実に自分が借りれる カードローンを
探すことから始めましょう。

消費者金融一覧

確実に借りれるローン会社
普通のサラリーマンであれば間違いなく審査に通ります。

絶対審査に落ちないためには

借入審査に絶対落ちないためには、自分の状況(現在の借金総額、収入)でも借りれる融資先で審査を受けることです。そうすれば、まず審査に落ちることはありません。

たとえば、現在の借金がゼロで年収300万円のサラリーマンであれば、大手のどのカードローン会社でも審査に通るでしょう。金融会社は喜んで融資をしてくれるはずです。

 

「現在の借金がゼロ+年収300万円以上のサラリーマン+過去に債務整理の経験なし」

 

上記のタイプはほぼ最強のパターンです。大手や中小など、どういった金融会社でも借りれますので、同じ借りるなら低金利の大手銀行系カードローンがおススメです。

 

「現在の借入件数が4件+年収300万円以上のサラリーマン+過去に債務整理の経験なし」

 

上記のタイプは、他社からの借入があるため大手金融業者などには警戒されてしまいます。その他の項目は問題ありませんので、審査に落ちるのが嫌ならば、ワンランク落として中堅消費者金融をあたってみましょう。

 

「現在の借入件数が4件+年収200万円以下のアルバイト+過去に債務整理の経験なし」

 

上記のタイプは多重債務であることと、正規雇用ではないアルバイトなので信用度はかなり低くなります。大手で借りるのはほぼ不可能なので、審査基準がゆるい中堅ローン会社か、それよりも規模の小さい街金でしか審査に通る見込みはないでしょう。

ちなみに、過去7年以内に自己破産などの債務整理をしている方は、大手はもちろんのこと、中堅やマチキンといった金融会社でも審査には通りませんので、お金を借りることはあきらめて下さい。

本当に借りやすい金融業者とは

「借りやすい」と「低金利」は別の意味を持ちます。大手ローン会社は低金利で魅力的な金融商品ですが、それが借りやすいのかどうかといえば、どちらとも言えません。

借金がゼロの方にとっては借りやすいと感じるでしょうし、借入件数が3件以上の方にとっては借りやすいとは思わないでしょう。なぜならば、審査に通るか通らないか微妙な人にとっては、その金融業者が借りやすいとは到底思えないからです。

したがって、借入件数が3件以上の方にとっての借りやすい金融業者とは、審査基準がゆるいローン会社の中堅以下のカードローン会社か、それより小規模のマチキンということになります。

つまり、人それぞれによって、借りやすいと感じる金融会社は相違するわけですから、一括りに借りやすいカードローンといっても千差万別としかいいようがないでしょう。

消費者金融とは

消費者金融とは、消費者個人と金銭賃借契約を結んで金銭の貸付を行う金融サービスです。貸付をしたお金に金利を上乗せして返済してもらうことで営業利益を出しています。

銀行のカードローンと違うところは、銀行の貸付原資は顧客の預金であるのに対し、消費者金融は金融機関から借りたお金を使って、消費者へ貸付をしています。

つまり銀行から低金利で融資を受け、その借りたお金に高い利子を設定して顧客に貸し出しして、その利ざやを稼いでいるわけです。

考えてみれば、他人のふんどしで相撲をとっているような商売ですが、これも列記とした金銭賃借業者です。

カードローン全体を含めると、現在日本人の10人に1人は金融業者を利用しているといわれています。数年前には大手銀行系傘下の消費者金融も増えてきましたから、今後金融業界を取り巻く環境は一新されていくと思われます。

お金

申し込み方法の種類

現在、キャッシングの新規借入を申し込むには、いろんな手段があります。主要な方法は以下の通りです。

  • 直接店舗へ出向いて契約をする方法
  • WEBサイトからの申し込み
  • 自動契約機での申し込み
  • 電話での申し込み
  • 郵送での申し込み

今現在主流となっているのがWEBサイトからの申し込みです。インターネットの普及によって、自宅のパソコンやスマホから簡単に申し込むことが出来ます。

店舗へは一切出向く必要はありませんし、即日融資も可能なことからこれ以上の利便性の高い申し込み方法はないと考えられます。

自動契約機は、店舗の横とかの個室ブースに設置されてありますが、融資担当者と対面することなく申込者が自分でパネル操作をして申し込みをすることが可能です。

自動契約機はネットによって受付センターと繋がっていますので、リアルタイムで受付センターとやり取りをしていることとなります。担当者が申込者の映像と申込書を見ながら借入審査をしていきます。