小口融資

リテールバンキングとは

リテールバンキングとは、個人を対象とした小口融資の貸金業務を行うことです。リテール業務はあくまでも個人を対象とした小口取引であり、伝統的な個人預金の受入れの他、個人に対して給料の振り込み、口座振替といった機能を提供することや、キャッシュカードやクレジットカードなどの業務も含まれます。

小口取引といっても、すべての取り引きを合計すると膨大な数の取り引きとなり、巨大な規模の金融業務となるのが特色です。

また、リテールバンキングの特色として、広範囲な支店網を構築し、手厚い人員配置や機械化投資が特徴であり、消費者や中小企業と金融機関職員との直接着て接触の他、機械化によるATM等を通じて、与受信仲介機能を果たし、装置産業的要素を持っています。

この機械化は、預金者や消費者のニーズの一環として、利便性に対処するものであり、金融機関からのコストダウンの実現手段でもあります。

また、リテールバンキングは相対取引を中心に実行されるもので、預金者保護、消費者保護などが強く要求される分野でもあります。

こういったリテールバンキングに対応できる金融機関として、地域金融機関があげられます。これは特定の地域を超えて業務を行う金融機関を意味しており、地縁や人縁が強い地域に根付いた地域密着型の金融機関です。

0

消費者金融業者では

消費者金融業者は基本的に小口融資が多く、相対取引を中心に営業をしていることを考えると、リテールバンキングに位置付けることも可能です。

その業務に当たっては、自動契約機やATMなどの普及、あるいは消費者の利便性を追求した機械化の実現なども、リテールバンキングに相応しいと考えられます。