多重債務

多重債務に陥る原因

最初は少しずつ借りていたものが、いつしか借入件数と借入総額が増えてしまうのが多重債務者です。多重債務者の特徴として、自分の返済能力を大きく超えてしまう借金を抱えてしまう人が多く、そういった人の大半が自己破産に帰結しています。

個人による自己破産の申し立ては年々増加の一途をたどっており、特に顕著なのは2010年の貸金業法改正による多重債務者の新規借入が抑制されて以降です。

これは年収の三分の一以上の新規借入が規制されたことで、多重債務者の殆どが借入不能に陥ったことによります。

これまでも様々な多重債務者に対する法改正が施行されたものの、一向に減少するどころか増えてしまっている理由として、融資をする金融会社の貸付姿勢の問題、あるいは不景気を背景とした企業のリストラや賃金カットによる財政的な問題も大きな要因の一つと言われています。

審査

多重債務を解消するには

前述したように、多重債務者の多くは自己破産に帰結するわけですが、そうなってしまうと金融関係の信用がゼロとなってしまって、金融取引が事実上不可能となってしまいます。

それでもいいという人は債務整理をして、人生のやり直しをしたらいいと思いますが、どうしても債務を完済したいと考える人には、解決する手段を講じたいと思います。

まず、多重債務者の方が毎月返済する合計金額を算出してみましょう。もしもその合計が自分の月給よりも多ければ、借金を完済することは不可能と判断してください。

足りない金額を新規の借入をして補っていても、それは借金を増やして時間稼ぎをしているだけで何の解決策にもなっていません。そういった方は、一刻も早く債務整理を考えたほうが得策です。

しかし、返済合計が自分の月給より少ないという方は、借入を完済する可能性があります。次の順序で支払い方法を考えてみて下さい。

  1. 支払い額の合計を算出
  2. 一番利息の高い借入先はどこか?
  3. 一番利息の高い借入先を集中して返済していく
  4. 借入件数が減っていけば、おまとめローンを活用する

もっとも、こういった返済を履行していくには、無駄遣いをしないという基本的な生活スタイルは当然のこと、完成度の高い支払いシミュレーションを立案していくことが肝要です。借入件数が減っていけば、金融業者に対する信用も増していきます。

そうなれば、おまとめローンの審査に通る可能性も出てきますので、あとは債務を一本化すれば借金の完済が見えてくるでしょう。