ヤミ金融

システム金融

貸金業を営もうとする場合は、都道府県知事への登録を行わなければなりません。この登録をせずに貸金業を営む業者を「ヤミ金融」と言います。

ヤミ金融は、債務者の弱味につけこんでいろんな方法で融資を働きかけてきます。「システム金融」と呼ばれるヤミ金融は、名称の違う金融業者がグルになって、一人の債務者に対し、次々に他店を紹介して融資しますが、実態を解明すると実質的な経営者は共通の場合がほとんどです。

「090金融」と呼ばれるヤミ金融は、店舗を持たず、携帯電話で融資の働きかけをしたり、チラシ等で宣伝するなどして、電話による融資の申し込みを受けるものです。 一見便利ですが、高金利な上、暴力的、脅迫的な取り立てにあいがちです。

ヤミ金融からお金を借りると、厳しい取り立てにあい、金利を工面するために、違う業者からの借金を繰り返して、結局最後には自己破産してしまう人が急増しています。

闇金融被害から守るために

ヤミ金融などからお金を借りて後悔する前に、次の点をチェックして業者を慎重に選ぶことが大切です。 「登録業者であるかを確認する」貸金業者は営業所内に「貸金業者登録票」及び「貸付条件表」の掲示が義務づけられています。

利息計算、返済方法、手数料などをきちんと説明できる業者かをチェックすることなどです。 そのほか、ダイレクトメール、電話、チラシ などのうまい話に惑わされないようにしましょう。

金融業界の基礎知識