借りやすいカードローン

○○○○○○○○○○○○○○○ビルダー会

物事に絶対は存在しませんが、借りれる可能性の高い金融会社は存在します。審査基準の甘い消費者金融なら、審査に通る確率は高くなります。

但し、審査が甘いのと裏腹に金利は少々高く設定されています。貸す側にとっても複数借入者への融資はリスクが高くなりますので、金利が高くなることは当然のことです。といっても、貸金業法に則った上限金利(18.0%)内での融資となります。

それ以上の金利をとっていれば法律違反になりますので、違法行為となります。もしも、上限金利以上の金利を取られていれば、都道府県が管轄する金融庁なりに相談するとよいでしょう。また、前述したように審査が甘いキャッシングローン会社はピンからキリまでありますし、闇金融業者も混じっていることから、借りるまでには十分な吟味が必要です。

出資法の上限金利

大手カードローンは借りやすい?

借りやすいという表現ですが、そのままの意味で捉えて何の変哲もない大手のカードローンを紹介しても、それは単なるタイトル騙しと言わざるを得ません。本来の金融用語では、借りやすいという意味は「柔軟審査」「審査が甘い」と解釈するのが通常であると認識しています。

では、大手銀行系列のカードローンが「柔軟審査」「審査が甘い」のかと言えば、決してそうではなく、むしろ審査は厳しいのが現実です。現在、金融業者からの借入がない人ならば、簡単に借りれるのは誰しも分かっていることで、他社からの借入が3件、4件ある人にとっては非常に狭き門であることは間違いのないことです。

大手カードローンの審査通過率

上記の図表を見れば分かるように、大手銀行カードローンは他社からの借入がない新規の顧客には融資率が高いものの、借入件数が2件を超えてくると極端に審査通過率が減ってきます。つまり、支払い能力の高い優良客のみ厳選して貸しているということです。

借りやすいのは中堅業者

上述したように、大手カードローンは複数の借入がある人にとったら、決して審査が甘いわけではなく、借りにくいのが現実です。ちなみに大手とされるカードローン会社は「モビット」「ジェイスコア」「アイフル」「プロミス」「アコム」「レイク」の6社です。国内における貸金業界の融資高の半分以上がこの6社で独占しているのが現実です。

残りの融資枠のパイを、残りの1600社以上の中堅業者が分け合っている算段になるわけですが、当然数も多いことから大手とは比較にならない程の顧客獲得競争であることは間違いありません。それはつまり、「柔軟審査」「審査が甘い」という、本来の借りやすさを体現した融資がここに実在しているということです。

大手中堅零細業者一覧

信用情報機構の貸付禁止者

過去五年の期間に自己破産などの債務整理をして借入金の不払いをした人は、信用情報機関の個人データに貸付禁止者として事故登録をされています。貸付禁止者に登録されていると、貸金業登録をしている消費者金融ではすべて審査で落とされてしまいます。

ほぼ、お金を借りることは不可能だと考えたほうが良いでしょう。因みに、貸付禁止者は通常5年〜7年で抹消されると言われています。

また、2010年に施行された貸金業法改正(総量規制)により、年収の三分の一以上の借り入れが不可能となりました。借りに年収が300万円の場合、100万円以上の借金がある人は新規の借り入れが出来ないということです。

これは、借金を借金で返済している(自転車操業)人を救済する目的だと言われています。また、以前は夫の許可も不要で借り入れが出来ていた専業主婦なども、勝手に借り入れができなくなりました。

指定信用情報機関

貸付禁止者でも借りれる?

前述したように、信用情報センターの貸付禁止者情報に掲載されている人は、どの金融会社でもお金を借りることが出来ません。

信用力が限りなくゼロに近いので、確実に審査で落とされてしまします。信用力が回復(貸付禁止者情報の抹消)するまでの五年間、待ち続ける以外にないでしょう。

但し、貸金業登録をしていないヤミ金融の類なら、借りれるかもしれませんが、こういった非合法な消費者金融で一旦借りてしまうと、後々大変なことになりますので、余程のことがない限り、借りないほうが良いでしょう。

複数借入に陥った場合

概ね借り入れ件数が4件を超えると複数借入者扱いとされます。このような複数借入が大手銀行系の消費者金融で審査を通る可能性は限りなくゼロに近いと言われています。余程のことがない限り、借り入れは出来ないでしょう。キャスコでも無理でしょう。

では借り入れ件数が4件以上でも融資が可能な金融会社はないのかと言われると、そうでもありません。融資可能なキャッシング会社は存在します。

中小の中堅金融会社の中でも審査基準の甘いところならば、借り入れ件数が5件前後でも審査に通ります。こういった情報は、金融掲示板などの口コミを参考にされたほうが良いでしょう。

0入件数から探す融資先一覧
消費者金融一覧

クレジットカードでの借金

金融会社の中でも貸付専門のノンバンクと呼称される金融機関が存在します。そのノンバンクの中でも一般的なのがクレジットカードなどを扱う信販会社です。信販会社はローンの扱いと並行してクレジットカードを発行しています。カードの利用法はキャッシングがあり、クレジット会社の加盟店で商品購入も可能です。

加盟店にとっては確実にクレジット会社から入金されるので便利なシステムとなっています。消費者の返済方法には金利込みの翌月一括払いと、金利込みの月賦払いの二通りがあります。返済は銀行預金からの自動引き落としが一般的です。

銀行系のカードローンなども、このクレジットカードのキャッシングを同類と言えるでしょう。クレジット会社は滞納すると厳しい督促をするため、返済に困った顧客は消費者金融に走る場合は多いようです。

審査基準

違法業者の実態

090金融やシステム金融といった業者がその闇金融なのですが、表向きは普通の金融業者に見せていますので、素人目には区別が付かないかもしれません。

大きく異なる点は管轄する都道府県から貸金業登録の認可を得ているか否かです。通常は貸金業登録をしないで営業をすると法律違反になりますが、殆どの闇金融は登録をしていません。したがって法律で決められた上限金利など関係もなく、目の玉が飛び出るほど高い金利を請求してきます。

また、少しでも支払いを送らせたりすると大変厳しい取り立てが待っています。ガラの悪い取り立て屋が勤務先にでも来られたらたまったものではありません。

闇金融は多重債務者やブラックといった人種を相手に融資をすることから、審査が大変甘いのが特徴です。借入件数が7件以上でも貸してくれるでしょう。しかし、どんなに困っても闇金融にだけは手を出すのは禁物です

違法な取り立て行為

以前は毎月の支払いが少しでも遅延すると、大変厳しい取り立てが待っていました。サラ金(貸金業)規制法が施行されて以降、都道府県ごとの貸金業協会の設置により、業界への指導勧告が実施され、そういった違法行為は減少しました。

少なくとも中小中堅以上の消費者金融では、違法行為は皆無になったと言っても過言ではないでしょう。現在は、規制法に基づく指導監督によって顧客の安心感も増えて、サラ金に対するイメージも改善されてきています。

保証人について

基本的に消費者金融やカードローンは無担保無保証人のフリーローンが原則です。物的担保の代わりに、個人の信用を担保にしてお金を融資する仕組みです。

保証人には、保証人と連帯保証人の二種類が存在します。単なる保証人なら貸金業者から支払い請求がきたとしても、債務者本人に請求してくれるように言って、その請求を拒むことが可能です。しかし、連帯保証人は債務者本人と同等の支払い義務があり、支払い請求に対して抗弁することが不可能となります。

連帯保証人の場合、債務者(貸主)は債務者(借主)が返済してくれなければ、連帯保証人に対して直ちに支払いを請求出来るし、強制執行も可能です。つまり、連帯保証人は債務者と同等とみなされるということです。

但し、連帯保証人が債務者に代わって債権者に債務を支払った場合、つまり財産の不利益を受けたことで、債務者に対して返還請求の出来る求償権があります。

連帯保証人に支払い能力が存在すれば、支払わなければなりませんが、連帯保証人にも支払い能力がなければ、破産などの処理を考えなければなりません。但し、債権者は連帯保証人に対しても悪質な取り立て行為は禁止されています。

最終更新日 2019-12-11

即日融資金融サイト